『徳本一善』をGoogle Newsで検索

  • 箕輪初心:生方▲井伊直政№154『小山会議→関ヶ原の戦い』
    慶長3年(1598) 8月18日 豊臣秀吉が死去すると、五大老・五奉行は朝鮮からの撤退を決めた。結果的に徳川家康は兵力・財力などの温存に成功した。徳川家康と石田三成の対立が表面化した。徳川家康は井伊直政・本多忠勝らに豊臣恩顧の大名を味方にすること命じた。井伊直政は浅野長政・幸長父子、黒田如水・長政父子らを味方にした。このことが、さらに多くの豊臣恩顧の大名を味方にすることになった。関ヶ原の戦いの前に、美濃関係者で犬山城の守備メンバーなどを外交工作で、味方にしたこと...
  • SIerに新興宗教を感じた - 元IT土方の供述
    ある国にとある新興宗教がありました。 その宗教にはカースト制度のような階級制度があり、「徳が高い人」が昇級するシステムと言われています。実際には、上流階級に位置する幹部に気に入られれば上流階級からスタートすることができます。ただし、最初から上流階級に入れる人数は決まっており、それは教祖の気分次第です。 Aさんは、この新興宗教に興味があり、上流階級に位置する幹部の友人もいたと言うことで入信することになりました。 しかし、Aさんが入社した年は、教祖の気分が悪かったため上流階級に入ることが出来ず、末端カーストからスター…
  • 最年少で殿堂入りの松井秀喜氏 日米を舞台に本塁打と共に歩んだ野球人生
    1992年ドラフト1位で巨人入り、NPBではタイトルを総ナメ平成30年度プレーヤー表彰で野球殿堂入りを果たした松井秀喜氏は、1974年6月、石川県生まれ。同級生には村田善則、野口茂樹、小林雅英、大友進、後藤光貴、今岡誠、森慎二、澤崎俊和、井口資仁、清水将海、黒田博樹、菊地原毅らの野球人がいる。同い年で唯一の現役選手には、中日の岩瀬仁紀がいる。MLBではデレク・ジーター、ボビー・アブレイユ、ミゲル・テハダ、ジョー・ネイサンらが同じ1974年生まれだ。MLBでも現役選手はR 全文 フルカウント 01月16日19時27分
  • 1661
    たんに本を読むということなら、読書の仕方はいろいろあっていい。摘まみ読み・拾い読みもいいし、速読・淡読・耽読もよし、乱読・とばし読み・数冊同時読みなどもあっていい。マーキング読み・書き込み読み、あるいはジグザグ読み・段 … 続きを読む →
  • クロージングを台無しにする「悪魔のトーク」が存在する
    ビジネス心理学をご存知だろうか。よく知られているものに、アサーティブ、フレーミング、バーナム効果、コールドリーディングなどがある。心理学は「人問心理を解き明かすもの」だが、知っているだけでは役にたたない。大事な場面で、「...
  • カラオケ人口が減っても「ビッグエコー」が好調の理由(ITmedia ビジネスオンライン)
    第一興商が運営し、今年9月14日に30周年を迎えるカラオケボックス「ビッグエコー」が - Yahoo!ニュース(ITmedia ビジネスオンライン)
  • 転機:龍角散社長・藤井隆太さん 服薬補助ゼリーを開発 - 毎日新聞
    反対退け主力商品に 1994年、父親である先代社長の病気を知り、急きょ龍角散に入社した。すぐに経営状態のおかしさに気づいた。売上高40億円に対して負債は40億円。父は「原因は分からない」という。会社をつぶすしかないと最初は思った。 社内には画期的な新商品開発に慎重な向きもあり、それを感じた開発担当の30代女性社員が「こんな会社やめてやる」と社長室に怒鳴り込んできた。父が能力を見込んで採用した経緯も...

  • 私の中の二十五年を考えると、その空虚に今さらびっくりする。私はほとんど「生きた」とはいえない。鼻をつまみながら通りすぎたのだ。二十五年前に私が憎んだものは、多少形を変えはしたが、今もあいかわらずしぶとく生き永らえている。生き永らえているどころか、おどろくべき繁殖力で日本中に完全に浸透してしまった。それは戦後民主主義とそこから生ずる偽善というおそるべきバチルス(つきまとって害するもの)である。 こんな偽善と詐術は、アメリカの占領と共に終わるだろう、と考えていた私はずいぶん甘かった。おどろくべきことには、日本人は自ら…
  • バレるからやめて!社内不倫カップルの「ゲスLINE」をコッソリ覗き見
    出典:https://www.shutterstock.com 不倫について、ドラマの影響などで、どことなく格好いいイメージを抱…
  • なぜフランス女性は「ハラスメントの自由」を擁護できるのか?
    「わたしたちは、ハラスメントの自由を擁護する ‒ 性の自由に不可欠だから」(Nous défendons une liberté d'importuner, indispensable à la liberté sexuelle) と題された公開書簡が、今月9日付の Le Monde 紙に掲載された。 その内容は、有力映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスティーンによる女優たちに対するハラスメントと性的利用が昨年10月に暴露されたことに端を発したセクハラと性暴力を告発する社会運動 #MeToo に対する批判であ…
  • 西郷が偉人かどうかの最終結論
    NHK大河ドラマ「西郷どん」が始まって、この謎めいた人物について人格者かどうかとか、偉人といえるかなど議論が百出している。 そこで、「『篤姫』と島津・徳川の五百年 日本でいちばん長く成功した二つの家の物語 」(講談社文庫...