検索回数上昇中のワードと関連ワード

『市川海老蔵』をFlickerで検索

『市川海老蔵』をWikipediaで検索

  • 市川海老蔵(いちかわ えびぞう、市川蝦蔵・市川ゑび蔵とも)は歌舞伎の名跡。屋号は成田屋。定紋は三升(みます)、替紋は杏葉牡丹(ぎょよう ぼたん)。また替紋とほぼ同様の使われ方をする役者文様に寿海老(ことぶき えび)がある。 解説 市川海老蔵は初代團十郎の幼名が海老蔵だったことに由来する名跡である。市川團十郎との関わりは深く、11代の海老蔵のうち、実に10名が市川宗家の御曹司、9名が前後に市川團十郎を襲名している。 かつては市川團十郎と並ぶ大名跡だったが、今日では市川團十郎の前に襲名する名跡となっている。このため前期には團十郎 → 海老蔵と襲名する例が目立つのに対し、後期にはこれが逆転して海老蔵 → 團十郎と襲名する例がほとんどとなる。 なお十二世市川團十郎が市川海老蔵襲名前に名乗ったのが市川新之助だったため、新之助 → 海老蔵 → 團十郎と襲名するのが市川宗家の通例だと誤解されがちだが、実際にこのような順で襲名したのは、他には五代目と六代目があるのみである。

  • 『市川團十郎 (11代目)』より : 十一代目 市川團十郎(じゅういちだいめ いちかわ だんじゅうろう、1909年(明治42年)1月6日 - 1965年(昭和40年)11月10日)は歌舞伎役者。本名は堀越治雄(ほりこし はるお)。屋号は成田屋。定紋は三升、替紋は杏葉牡丹。俳名は五粒。 海老蔵時代、「花の海老様」として空前のブームを巻き起こした美貌で知られ、品格ある風姿、華のある芸風、高低問わずよく響く美声などを売り物とした、戦後歌舞伎を代表する花形役者の一人。 誕生 東京府東京市日本橋区(現・中央区日本橋)に、七代目松本幸四郎の長男として生まれる。誕生時の本名は藤間治雄。三人兄弟で、次弟の順次郎は後に八代目松本幸四郎、末弟の豊は後に二代目尾上松緑となって、それぞれ名優に成長する。 初舞台から海老さま 1915年(大正4年)、6歳で松本金太郎を名乗って初舞台。小学校卒業。 1925年(大正14年)、四代目坂東玉三郎(後の十四代目守田勘彌)らと共に『つぼみ座』という研究劇団を旗揚げ。

  • 十一代目 市川 海老蔵(じゅういちだいめ いちかわ えびぞう、1977年12月6日 - )は、歌舞伎役者、俳優。歌舞伎名跡「市川海老蔵」の当代。屋号は成田屋。定紋は三升、替紋は杏葉牡丹。本名は堀越 寶世(宝世)(ほりこし たかとし)。旧名は堀越 孝俊(ほりこし たかとし)。愛称に「海老さま」がある。 妻はフリーニュースキャスターでタレントの小林麻央。身長176cm、体重80kg。血液型はAB型。星座は射手座。 古典の大役に挑み、初役を多くつとめ、高い評価を得ている。「海老さま」と人気のあった十一代目市川團十郎に重ね合わすファンもいる。現代の歌舞伎を担う若手スターの一人。また、NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で主役をつとめたほか、現代劇にも挑戦している。 年譜 1977年12月6日 - 東京都に生まれる。父・十二代目市川團十郎と母・希実子(旧姓・庄司)の長男。祖父は「海老さま」こと十一代目市川團十郎。 1983年5月 - 歌舞伎座『源氏物語』の春宮で初お目見得。 1985年5月 - 歌舞伎座『外郎売』の貴甘坊で七代目市川新之助を襲名。

  • 『市川團十郎 (12代目)』より : 十二代目 市川 團十郎(じゅうにだいめ いちかわ だんじゅうろう、1946年(昭和21年)8月6日 - 2013年(平成25年)2月3日)は、日本の俳優、歌舞伎役者。本名は堀越 夏雄(ほりこし なつお)。屋号は成田屋、定紋は三升(みます)、替紋は杏葉牡丹(ぎょようぼたん)。俳名に柏莚(はくえん)がある。左利き。 十一代目市川團十郎の長男として誕生。父が早世した後は自らの努力で芸を磨く。スケールの大きい骨太な芸格が魅力。重厚な存在感と独特な愛嬌を併せ持つ。市川宗家お家芸の歌舞伎十八番はもとより、荒事、世話物、義太夫狂言、新歌舞伎と多彩な役々を演じ分けた。 円熟期を迎えて歌舞伎界の柱として期待されていたが、晩年には白血病を発症、健康に不安を抱え、治療を受けながら舞台を務めていた。 従兄弟に九代目松本幸四郎、二代目中村吉右衛門、初代尾上辰之助がいる。 一方では小学生時代から天体観測を趣味としていた為、宇宙への関心が深く、『宇宙の渚』(日本放送協会)など、宇宙関連のテレビ番組や各種イベントへの出演も積極的に行っていたこともあった。

  • 『市川團十郎 (7代目)』より : 七代目 市川 團十郎(しちだいめ いちかわ だんじゅうろう、寛政3年(1791年) - 安政6年3月23日(1859年4月25日))は化政期から天保にかけて活躍した江戸の歌舞伎役者。屋号は成田屋。定紋は三升(みます)。俳名は三升、白猿、夜雨亭、壽海老人、子福者、二九亭。 天保の改革のあおりを受けて江戸を追放されたことで有名。 幼名は小玉。名跡は初代市川新之助、市川ゑび蔵、七代目市川團十郎、五代目市川海老蔵を名乗り、江戸追放にあってからは成田屋七左衛門(なりたや しちさえもん)、幡谷重蔵(はたや しげぞう)、市川白猿(いちかわ はくえん)などともした。俳名は三升(さんしょう)・白猿(はくえん)。そのほか夜雨亭(ようてい)・壽海老人(ことぶき えびのひと)・子福者(こふくもの)・二九亭(にくてい)とも号した。 寛政3年 (1791)、江戸生れ。母は五代目市川團十郎の次女すみで、生後間もなく六代目團十郎の養子となる。寛政6年 (1794)、市川新之助の名で初舞台。2年後には6歳にして『暫』をつとめた。その後市川ゑび蔵を襲名。 寛政11年 (1799) に六代目團十郎が急死したため、翌年10歳で七代目市川團十郎を襲名。

  • 十一代目 市川 海老蔵(じゅういちだいめ いちかわ えびぞう、1977年12月6日 - )は、歌舞伎役者、俳優。歌舞伎名跡「市川海老蔵」の当代。屋号は成田屋。定紋は三升、替紋は杏葉牡丹。本名は堀越 寶世(宝世)(ほりこし たかとし)。旧名は堀越 孝俊(ほりこし たかとし)。愛称に「海老さま」がある。 妻はフリーニュースキャスターでタレントの小林麻央。身長176cm、体重80kg。血液型はAB型。星座は射手座。 古典の大役に挑み、初役を多くつとめ、高い評価を得ている。「海老さま」と人気のあった十一代目市川團十郎に重ね合わすファンもいる。現代の歌舞伎を担う若手スターの一人。また、NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で主役をつとめたほか、現代劇にも挑戦している。 年譜 1977年12月6日 - 東京都に生まれる。父・十二代目市川團十郎と母・希実子(旧姓・庄司)の長男。祖父は「海老さま」こと十一代目市川團十郎。 1983年5月 - 歌舞伎座『源氏物語』の春宮で初お目見得。 1985年5月 - 歌舞伎座『外郎売』の貴甘坊で七代目市川新之助を襲名。

『市川海老蔵』の関連ワードby kizasi.jp

検索回数上昇中のワード Googleby trends.google.co.jp

2017/11/20 00:00更新

検索回数上昇中のワード Yahooby yahoo.co.jp

2017/11/20 08:25更新

検索回数上昇中の人名 Yahooby yahoo.co.jp

2017/11/17 13:07更新

リンク先はYoutubeで検索by livetube.sumry.xyz

2017/11/17 13:07更新