検索回数上昇中のワードと関連ワード

『七五三』をFlickerで検索

『七五三』をWikipediaで検索

  • 七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事。 由来 天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力である。 11月15日は、子供の成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁より)。現在では全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった。 やがてこの儀は京都、大阪でも行われるようになり、だんだんと全国に広まっていった。 日付 旧暦の15日はかつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされた。また、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。 江戸時代に始まった神事であるため、旧暦の数え年で行うのが正式となる。 神事としては、感謝をささげ祝うことが重要であるとの考え方から、現代では、数え年でなく満年齢で行う場合も多い。

  • 『注連縄』より : 注連縄(しめなわ)は、神道における神祭具で、糸の字の象形を成す紙垂(しで)をつけた縄をさす。標縄・七五三縄とも表記する。 現在の神社神道では「社(やしろ)」・神域と現世を隔てる結界の役割を持つ。また神社の周り、あるいは神体を縄で囲い、その中を神域としたり、厄や禍を祓ったりする意味もある。御霊代(みたましろ)・依り代(よりしろ)として神がここに宿る印ともされる。古神道においては、神域はすなわち常世(とこよ)であり、俗世は現実社会を意味する現世(うつしよ)であり、注連縄はこの二つの世界の端境や結界を表し、場所によっては禁足地の印にもなる。 御旅所や、山の大岩、湧水地(泉水)、巨木、海の岩礁の「奇岩」などにも注連縄が張られる。また日本の正月に、家々の門や、玄関や、出入り口、また、車や自転車などにする注連飾りも、注連縄の一形態であり、厄や禍を祓う結界の意味を持ち、大相撲の最高位の大関の中で、選ばれた特別な力士だけが、締めることができる横綱も注連縄である。

『七五三』の関連ワードby kizasi.jp

検索回数上昇中のワード Googleby trends.google.co.jp

2017/11/19 23:00更新

検索回数上昇中のワード Yahooby yahoo.co.jp

2017/11/20 08:25更新

検索回数上昇中の人名 Yahooby yahoo.co.jp

2017/11/17 13:07更新

リンク先はYoutubeで検索by livetube.sumry.xyz

2017/11/17 13:07更新