リアルタイム・ニュース > グランプリファイナル

『グランプリファイナル』をGoogle Newsで検索

新女王ザギトワ「リラックマ」大好き…日本のアニメも大好き フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ(15)は、日本通としても知られ、日本発のキャラクター「リラックマ」のファン。発売元のサンエックス広報は23日、「SNSにも『リラックマ』を載せていただいたこともありました。気に入っていただけるのは本当にうれしいですね」と弱冠15歳の女王の快挙を祝った。ザギトワは現在も、ジュニア時代にプレゼントされた「コリラックマ」のティッシュカバーを愛用。昨年12月、名古屋で行われたグランプリファ 全文 スポーツ報知 02月24日 07時01分
【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ <スポーツ取材ベテランの筆者が、男子フィギュアで歴代最低点を出した選手のファンになった理由> フィギュアスケート男子シングルの世界歴代最高得点は、平昌オリンピックで金メダルを取り連覇を果たした日本の羽生結弦がもっている。2015年のISUグランプリファイナルで出した330.43点だ。ショートプログラ
仙台市役所:庁舎壁面に羽生選手五輪連覇祝う看板 平昌五輪のフィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、66年ぶりに五輪連覇を果たした仙台市出身の羽生結弦選手(23)の快挙を祝う看板が、仙台市青葉区の同市役所本庁舎の壁面に設置されている。
フィギュアスケート女子フリー 宮原知子が完璧な演技でガッツポーズ ◇平昌冬季五輪フィギュアスケート女子フリー(2018年2月23日江陵アイスアリーナ)平昌五輪は23日、フィギュアスケート女子フリーが江陵アイスアリーナで行われ、ショートプログラム(SP)75・
【フィギュア】新女王ザギトワ、羽生結弦をこう呼んでいたwwwwwww 【フィギュアスケート】新女王ザギトワ、羽生結弦を「レジェンド」と呼んでいた1 muffin ★:2018/02/24(土) 10:57:38.53 ID:CAP_USER9.net史上最高レベルの戦いだった。世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワ(18、OAR=ロシアからの五輪選手)と15歳の新星アリーナ・ザギトワ(OAR)の頂上決戦をザギトワが制し、今大会初のOAR金メダリストとなった。
15歳のザギトワが歴代2番目の年少記録 韓国紙も称賛 15歳ザギトワはフィギュアスケート史上2番目の年少女王に韓国紙も続々称賛平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位
平昌五輪・女子フィギュアフリーの演技がスタート!これからの見どころは? 平昌五輪女子フィギュアスケートのフリープログラム。このあとの注目は、日本選手の活躍とショートプログラム1位のアリーナ・ザギトワ選手、そしてセーラームーンの衣装着用などで話題のエフゲニア・メドベージェワ選手(同2位)だ。
【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ(ニューズウィーク日本版) フィギュアスケート男子シングルの世界歴代最高得点は、平昌オリンピックで金メダルを - Yahoo!ニュース(ニューズウィーク日本版)
【インスタ】天才少女ザギトワ(15)、リラックマが大好き?ペットは猫とチンチラ 1: 2018/02/23(金) 15:27:45.19 ID:CAP_USER9 ザギトワ様は「リラックマ」がお好き? 日本食と猫を愛する、天才少女の素顔 平昌オリンピックは2月22日、フィギュアスケート女子のフリープログラムが始まった。 21日のショートプログラムでは、OARのアリーナ・ザギトワ(15)が82.92点を出し、世界女王のエフゲニア・メドベージェワが今大会で更新した81.61点を上回り、わずか20分で世界歴代最高得点を更新した。 ジュニア時代から圧倒的な強さを誇る15歳が、大舞台で圧巻のパフォーマ…
ザギトワ様は「リラックマ」がお好き? 日本食と猫をこよなく愛する、天才少女の素顔 平昌オリンピックは2月22日、フィギュアスケート女子のフリープログラムが始まった。 21日のショートプログラムでは、OARのアリーナ・ザギトワ(15)が82.92点を出し、世界女王のエフゲニア・メドベージェワが今大会で更新した81.61点を上回り、わずか20分で世界歴代最高得点を 更新した 。 ジュニア時代から圧倒的な強さを誇る15歳が、大舞台で圧巻のパフォーマンスを魅せた。 メドベージェワとは同じクラブに所属、エトゥリ氏の指導を受ける同門でもある。 ザギトワは、メドベージェワについて普段から雑談を交わす「いい友…
五輪フィギュア:世界最高峰の同門対決へ 女子フリー 2002年ソルトレークシティー五輪男子のアレクセイ・ヤグディン、エフゲニー・プルシェンコのロシア2強時代をほうふつとさせる状況が今、女子で起きている。「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場している18歳のエフゲニア・メドベージェワと、15歳のアリーナ・ザギトワによる至高の戦いだ。

『グランプリファイナル』の関連ワードby kizasi.jp